Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット's comments

世界の人口は増え続けています。
日本でも人口は増えています。
それにともない文明も進化していくことでしょう。
交通機関も発達していくでしょう。
住みやすさも向上していくはずです。
少子化が進んでいるといわれる中、人口が増えるのはとても喜ばしいことです。
しかし喜んでばかりはいられないある問題が浮上してきます。
電力の需要に対して供給が追いつかなくなる日が来るかもしれないのです。
日本の主となる発電方法としてあがるのが、火力発電、原子力発電、水力発電です。
そのうちの火力発電と原子力発電には問題点があります。
それは枯渇エネルギーを使用していることです。
枯渇エネルギーとは、火力発電に使用する石炭や石油、原子力発電に使用するウランのことを指しています。
枯渇とは、物が尽きてなくなるという意味です。
また石油や石炭はCO2を排出します。
CO2は温室効果ガスと呼ばれ、地球温暖化をおし進めることにもなります。
地球は大切な資源を失い続けているだけではなく、破壊されつつもあるのです。
では水力発電はどうでしょう。
自然エネルギーである水の力を利用して電気を発生させています。
洪水や干ばつなどにより、水の量が変化することはありますが、尽き果てることはないのです。
CO2の排出量はほとんどないといえます。
知っているでしょうか、群馬の電力の大半は水力発電でつくられています。
水力発電所32ヶ所、風力発電所1ヶ所、火力発電所1ヶ所です。
そして太陽光電池発電所もあります。
太陽の光で電気をつくっているのです。
この発電方法は、広い土地を利用することができればより多い電気量が得られることになります。
また住宅でも太陽光発電システムとして取り入れることができます。
屋根の上に設置した太陽光パネルで電気をつくることにより、さまざまなメリットが発生するのです。
発電できる昼間の使用電気をおぎなえます。
これまで買っていた電気量を減らすことができるのです。
そして余った分は売電できます。
なにより自然エネルギーである太陽の光を使うので、地球に優しい発電でしょう。