Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット's comments

太陽光発電について、意外なお話を伺いました。
それは季節によって発電量に違いがあるということです。
しかもその答えも意外なものでした。null
太陽光発電ですから、通常考えるには夏場のほうがそのエネルギーを多く得られそうに思うのですが、実はその逆だそうです。
雪の多い地方を除いては、冬場のほうが発電量が多いそうです。
それは12月から1月ぐらいの期間だそうで、この期間が年間で最も太陽光発電が充分に活動してくれる時期になるそうです。
それを活動と言いますのは、夏場は暑さで発電力が落ちてしまうそうなのです。
その差は10%から30%になるそうで、それは自然エネルギーならではと思いました。
しかしそれはさほど気にすることではないようで、もし電力が足りない場合は通常のこれまで使って来た電気料金を支払って使えばいいわけです。
私は群馬に住んでいるのですが、もし太陽光発電を利用した場合、季節的な差はどのぐらいになるのでしょうか。
業者さんにお聞きしてみたいと思います。