Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット's comments

自宅の屋根や外壁をリフォームする際に、工務店から太陽光発電の提案も受けました。
近年の社会情勢ですから、自宅で電力を発電するということの意義は大きく感じていたのです。
それでもまだまだこれからの技術だと認識していましたので、さほど設置に関しては乗り気ではありませんでした。
なによりも住宅改修にあわせてということもあり、設置にかかる費用の支払いがかなり負担になりそうだという不安を感じました。
それでも太陽光発電の提案を聴いているうちに次第に取り付けようかという気にもなってきたのです。
実は自宅の屋根はかなりよく目立ちます。
それだけに痛みを補修しようというのがそもそもの目的でした。
しかし太陽光パネルの設置の地域でのモデルケースとして、大幅に価格を引いてもいいと工務店側が交渉の段階で提案してきたので、取り付けることにしました。
もちろんモデルケースとしてくれるのなら、実際に取り付けた結果の効果も地域の人に話すことになり得ます。
それだけに発電効率のしっかりとした太陽光パネルを取り付けることと、アフターのメンテナンスの責任を取るという約束で工事をしてもらいました。
太陽光発電のパネルを設置すると、日中の電力の使用が気候の穏やかな時期は、ほとんど太陽光で賄えていました。
もちろん家族の多くが外出している時間帯であり、そもそもが電力消費の少ない時間帯であることもあります。
リフォームですでに投資をしているのですぐにとはいきませんが、今後は蓄電して夜間の電力にも利用ができるようになればいいなとおもうようになってきています。
自宅の屋根にはまだ太陽光パネルの設置できるスペースが十分にあるのです。
今後は電力会社の余剰電力の買取価格の変化などを見ながら、やや長期的な視点からも設置を検討したいとおもっています。
ほんの少しかもしれませんが、太陽光発電という自然エネルギーを活用できること自体が、暮らしの中で気分のいいものになっています。