Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット's comments

太陽光発電の価格について

ここ数年、ご家庭での導入が多いのが太陽光発電です。
これは去年起こってしまった東日本大震災と福島原発事故があってのことだと言えます。
それまでは、あったらいいな~程度の認識だったと思うのですが、あの震災と事故により自分で使う電気は自分でつくらなければならないという中で、導入が進んでいるのです。
太陽光発電を扱う業者は10年前とくらべてとても増えていますし、業者よって設備の内容も様々です。
ただ、最近の人気になっているのが、太陽電池モジュールと呼ばれる太陽光パネルを屋根に設置することによって電気を作り出していくやりかたのようです。
その価格についてですが、いろいろと調べてみているとIKWあたり35万程度が相場のようです。
ただこれも、業者によってかなり幅があるのです。
もっと高いものもありますしもっと安いというものもあるのです。
高いものがいいというわけでもないですが、あまりに安いと不安になるものです。
また太陽光発電システムを選ぶ重要なポイントとして、価格だけで選んではいけないということもあるのです。
それは一番大切なのは、どのくらい発電するのか、耐用年数はどうなのかということです。
太陽光電でどの程度発電できるかも大事ですがそれ以外にも太陽光パネルの種類や太陽電池モジュール変換効率、太陽光パネルの製品保証などが選ぶ基準になっているのです。
太陽光発電システムは数年で終わるものではないですね。
長期間に亘って利用していくものなので、購入時の価格で選ぶものではないのです。
むしろ、住まいとの相性や変換効率などを考慮して選ぶ必要があります。
とくに、変換効率とか、地域とか、屋根の形状よっても微妙にかわっていくというのです。
新築の家でしたら、家をたてるときに太陽があたる位置などを計算のうえで屋根の形状を考えたり、太陽光発電を導入したときにシミュレーションをしてみるのもいいと思います。
メーカーによっては、航空写真をつかって、どの程度の発電が見込まれるのかを算定してくれるメーカーがあるので、それをもとに、導入を考えるといいと思います。
既存の家で導入する場合は、いろいろな業者と話しあって見積もりをとって価格と効率をよく考えて導入を考えたほうがいいでしょう。