Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット's comments

今後どうなる?

太陽光発電は数十年前はまだまだ一般住宅には浸透しないと言われてきましたがここ数年、ずいぶん増えてきました。
屋根に太陽光パネルがのっている家も昔はほとんどなかったものですけど最近は随分みかけるようになり、普及率が高まっているのを感じます。
では今後、この勢いがどんどん増していくのでしょうか?
正直いっていまのコストでは、二の足を踏んでいるご家庭も多いのではないでしょうか。
我が家も、いまは太陽光発電は導入できないと思います。
いくら、昔と比べてやすくなっているとか、地方自治自治体が補助を出してくれると聞いても、設置費用が約150マンはくだらないのが相場と聞くとかなり考え込んでしまいます、できないなぁと。
とくにいまの日本は景気が悪いので、これからももっと悪くなるのではないかという恐怖が日本中にひろがっているのだと思います。
そんななかで、冒険はちょっとできないと思います。
それに子供の教育費ということを考えればそちらにお金を優先したいと思う親御さんも多いと思うのです。
ですから、もう少しコストが安くならないとやりたくでもできないです。
さらに、発電効率のアップも求められています。
友人はいまから5年くらい前に導入したのですが、実際にやってみたら、売るほどの電力ができないといっていました。
電気代は安くなっているけれど耐用年数のことを考えるとどれくらい持つかわからないといっていたのです。
もちろん、5年前にくらべるといまのほうがずっと技術も進んでいるのは事実ですし蓄電池の開発もされているのは知っているのですが、もう少し様子をみようかと思うのが本音です。
設置費用が50万ぐらいでできるようになって、しかも発電効率がよくなり地方自治体だけでなく国からの補助金もでるという世の中になったら迷わずみなさんやられると思うのです。
早くそういう時期が来ないかと思います。
そうすれば、いまのような毎月の電気代の請求額にびくつかない生活ができるようになると思います。