Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット's comments

太陽光発電の工事

太陽光発電はここ数年で導入するご家庭が増えています。
一番の理由は、地震などによって停電してしまったときでも自分で使う電力は自分でつくっておけば、停電にも安心ということと、電気代の値上げにも気にしないでいられるということだと思います。
私たちの生活には、電気がなくてはどうにもならないことだらけです。
身の回りのものをみても、ほとんどが電気で動いているものばかりですよね。
ですから、まず一番肝心な電気を確保する対策をしようと思うかたが増えるのは当然のことだと思います。
では太陽光発電の工事はどのようにして進んでいくものなのでしょうか?
まずは、業者選びです。
どこの業者でやったら一番効率よくできるのか費用面はどうなのか?
などいろいろ検討する必要があります。
これには数社で見積もりをとって、候補を選ぶことからやったほうがいいと思います。
その後、業者がきまったら、シミュレーションなどをしてどの程度の電力がつくれるのかなんども納得できるまで確認したほうがいいです。
そして、納得してから契約をして、工事がはじまるのです。
まず各県の地方自治体の補助がでるかどうかによっても変わります。
補助金のでる地方でしたら、まずはそちらの申請をしてOKがでたら施工がはじまります。
工事の方法ですが、まずは太陽光パネルのレイアウトからはじまります。
その後に屋根の部分に金具の取り付けからはじまります。
その後は太陽光パネルを載せる架台の高さを合わせ太陽光パネルを取り付けながら発電した電気を集める配線を設置となります。
あとは電気工事がはじまりパワーコンディショナーを設置したのちに、電力会社に売電メーターの取り付けを申請していよいよ運転ということになるのです。
こうやってみると、太陽光発電をすることによって自分の自宅が発電所になるということなのです。
そして、作られている電気量と実際に使用されている電気量がモニターですぐに確認できるということになります。
工事の日数ですが、工事事体は1日~2日くらいで終わるそうです。
これも思った以上に短いですよね。
よほどの大きな家ではもう少しかかるそうですが、一般住宅では数日で終わるということです。