Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット Subscribe to 太陽光発電が暮らしにもたらすメリット's comments

マンションでもできる?

太陽光発電はここ数年かなりの数で導入がひろがっています。
よく聞くのは一戸建ての住宅が多いようです。
でも電気が必要なのは、なにも一戸建て住宅だけでなく、マンションなどで暮らす人も同じだと思うのですが、マンションでは太陽光発電の導入は可能なのでしょうか?
いろいろ調べてみますと、新築マンションの中には世帯単位で屋根にソーラーパネルを取り付けて、世帯ごとに電線をひいて電気の売り買いができるマンションが最近の人気のようです。
いわゆる太陽光発電対応マンションと呼ばれるマンションが今後も多く建てられていくようなのです。
しかし、既に建てられているマンションの屋根に、世帯ごとに太陽光発電システムを設置して、各世帯まで電線を引くのは実際は無理でしょう。
それぞれの世帯に許可をとったりさらにお金の負担がかかることは実質無理だというのです。
屋根が難しいなら、ベランダにソーラーパネルを希望者に設置するというのもできそうですよね。
しかしこれにも問題があるというのです。
それは多くのマンションではベランダは玄関や通路、エレベーターなどと同じ、共同所有の領域となっているというのです。
ですからベランダの外側に発電モジュールを設置するには、マンションの管理組合の設置のための許可が必要になってくるらしいのです。
許可を取ろうとしても、安全な設置が可能かどうかとか景観が悪くなるなどさまざまな問題から、事実上許可をもらえる可能性はまずないということです。
かりに設置を許可してもらったとしても、現在発売されているソーラーパネルはベランダなどではうまく設置できない可能性があるということと、ベランダのような面積の狭いところでは、小さな出力のソーラーパネルしか設置できないのです。
ですからパネル代は安くすみますが、設置工事代はコストが高いうえに効率はあまり期待できないということになり、結局のところ高い買い物をして無駄になってしまった感が強くなってしまうということでした。
ですから、既存のマンションには太陽光発電は不向きということになります。
ただ、日本は地震が多いですし、今後も地震被害が起こらないという可能性はないので、既存のマンションでの設置をどうするのかも今後の課題になっていくのだと思います。